男性

他の病気とは違うがんの転移を理解しておこう

肺の機能と外科療法

看護師

肺の機能と原因

肺がんとは肺にがんができる症状のことであり、近年患者数が増加しています。そもそも肺とは呼吸で取り入れた空気のうち酸素を体内に入れて、体内の二酸化炭素を口を通して排出するための器官です。肺がんは肺の器官、気管支などの細胞ががん化されることで発生します。肺がんは症状が進行していくと周辺の組織細胞を壊しながら増殖していきます。こうした肺がんの発症には必ず原因があります。それは遺伝子の変質と喫煙が主なものになります。喫煙は自身がタバコを吸う場合もそうですが、自分が吸っていなくても受動喫煙の場合も含まれます。その治療方法には次の3つがあります。外科手術、放射線療法、薬物療法が代表的な治療方法になります。

外科療法の特徴

肺がんを治療する方法の中で最も人気があるものは外科療法です。肺に発生したがん細胞を直接的に完全に取り除くことができますので、治療効果が高いのです。通常の方法だと肺葉切除、片肺全摘出手術になります。早期に発見することができれば肺葉の一部だけの切除のみになります。また、外科手術をする場合には、リンパも切除することが前提になります。これはがんがリンパ節に転移している可能性が高いからです。外科療法の施術内容はこのようなものになりますが、切除する範囲が大きい場合は患者の負担が大きくなります。そのため、高齢者は他の治療方法を受ける必要があります。放射線療法だと高エネルギーのエックス線を照射するだけで治療することができて負担が少ないのです。