病棟

他の病気とは違うがんの転移を理解しておこう

腎臓の働きが悪くなったら

カウンセリング

人工透析とは、低下してしまった腎臓の機能に代わって、人工的にその役割を果たす療法のことです。腎臓の働きが悪くなってしまう腎不全がさらに進んだ時に人工透析を行うことになります。住まいが世田谷区であれば、透析のために自分が負担なく通うことのできる世田谷区の病院を選ぶことが大切です。

View Detail

樹状細胞を利用した癌治療

男性

元々体内に存在する免疫細胞である「樹状細胞」の働きを人工的に強化し、癌の治療を行う方法を樹状細胞療法と言います。治療の流れは、まず体内より樹状細胞の元となる「単球」という細胞を取り出します。その単球に癌組織を与えながら培養し、癌治療に特化した樹状細胞へと育て、再度体内に投与し治療は終了となります。

View Detail

病変を広げないために

病院

他にはない病気の特徴

正常な細胞からがん化した細胞が生まれることが、がんの第一段階です。健康な人でも一定の割合でがん細胞は生まれています。しかし通常は増殖することなく消えていきます。がん細胞が増えてしまうと塊をつくり、病気の状態になります。肝臓にできた場合は肝臓がんというように、現れた場所の名前がつけられます。そしてがんには他の病気にはみられない、転移するという特徴があります。一ヶ所に固まっているうちはよいのですが、病状が進むとがん細胞の一部がリンパや血液の流れに乗って運ばれ、たどり着いた場所で増殖を始めます。これが転移です。そのため血管が集まっていて、周辺に他の臓器のある肺や胃にできた場合は転移を起こしやすいといわれています。

複数の治療法を併用する

転移を防ぐためには化学治療が行われます。抗がん剤を点滴することで、塊のがんだけでなく、血液中に混ざっているがん細胞も退治することができるからです。外科手術では目視できる大きさになっている塊は切除することができますが、ミクロな細胞の全てを取り除くことはできません。他の治療法と組み合わせることでより効果的になるのが化学治療なのです。また近年注目を浴びているのが免疫治療です。自己ではない異物を排除する体のしくみが免疫です。患者はこの機能が弱まっていることがほとんどです。もともと体に備わっている免疫機能を高めることで、転移を防ぐこともできるとされているのです。化学治療とは異なり、副作用もほとんどない治療法だと期待されています。

肺の機能と外科療法

看護師

肺にできるがんのことを肺がんと言います。肺の器官や気管支の細胞ががん化されることで発症します。その治療方法の中で人気の高いものは外科療法です。肺葉切除や片肺全摘出手術が一般的になります。高齢者には負担が大きいので放射線療法がおすすめです。

View Detail